ラミシールとキッチンハイターと冬について

水虫を脱ぐ力が炸裂の水虫薬が、ラミシールの医薬品で、使うのは1日に1回だけです。足元を清潔にすることは回避にもなるので大事ですし、足ふきマットなども漂白をして清潔を維持することです。キッチンハイターなどの漂白剤もありますが、衣類には衣類用を使って、冬場でも清潔を保つのが、水虫対策にもなります。

特に冬場の清潔を保つのは、風邪やインフルエンザの予防にもなります。それは衣類だけではなく、重症化するようなインフルエンザを防ぐために、基本の手洗いやうがいをしましょう。

会社や学校など外出先から帰ってきたら、手を洗いうがいをします。手洗いには雑菌タイプのハンドソープを使い、外の雑菌をオフしましょう。手を洗ったら必ずうがいも一緒にして、うがい約でのうがいをすることで、風邪予防の効果は倍増です。

冬場は日本ではマスクを使うのがセオリーであり、海外では怪訝に見られるマスク姿は、冬場は怖いものなしです。海外でマスクをしていると感染症なのかと引かれますが、日本ではマスクなしで人混みを歩くのは危険な行為でもあります。風邪やインフルエンザを菌を、貰いやすくなるからです。

外出をする時にはマスクを装着して、予備をバッグに忍ばせておいてもいいでしょう。使い捨てマスクを利用して、汚れたものを繰り返して使わないことです。使い捨てマスクは安価な費用で販売をしていますので、もったいないという間違えた観念は捨てて、清潔と本来のみを考えて、新しいマスクを使うことです。

芯から身体をポカポカにするように、温かい食べ物と飲み物を体内へと入れましょう。冬はホットフードが多くなりますので、鍋料理屋味噌汁にスープなどで、体を温めて元気になりましょう。

トップページへ