ラミシールはどのタイミングで塗るのが効果的?

水虫の治療薬であるラミシールには内服薬と外用薬の2種類がありますが、多くの人は外用薬を手にすることになるでしょう。その外用薬の使い方について疑問となる点の一つに「どのタイミングで塗れば良いか」という点が挙げられます。外用薬のラミシールにはクリームタイプ、液タイプ、スプレータイプの3種類がありますが、どの説明書にも用法・用量の部分には1日1回適量を塗布(噴霧)する旨の記載しかありません。ラミシールは1日の中でいつ使っても良いことにはなっていますが、できれば最も効果が出やすいタイミングに使用したいものです。
ラミシールを使用するのにもっとも良いタイミングは、お風呂に入った後やシャワーを浴びた後といわれています。これは、入浴後は皮膚が柔らかく、患部も清潔な状態になっており、薬剤が浸透しやすい条件が整っているためです。ただし、薬を塗るときはタオルで患部をよく拭きとってからにし、塗る量についてもあまり多量にならないようにしましょう。多量に塗布しても治療効果が高まることはなく、逆に患部がかぶれたり、赤みやかゆみが生じる可能性が高くなるだけです。もし、誤ってたくさん塗ってしまった場合は、患部の周りの皮膚に薄く広くのばすと良いでしょう。
ラミシールは、最適なタイミングで塗布を続けることで、早ければ約1ヶ月程度で皮膚がもとの綺麗な状態に戻ります。しかし、それをもって水虫が完治したことにはなりません。なぜなら、皮膚の表面の状態が回復しても、角質層内には水虫の原因である白癬菌が死滅せずに残っていることが多いからです。白癬菌は感染力がとても強く、完全に消滅させないままラミシールの塗布をやめてしまうと再び菌が増殖してしまうので、皮膚表面が回復した後も1~2ヶ月程度は患部への塗布を続けましょう。

トップページへ