営業で水虫が治らない人は石鹸だけでなくラミシール

営業の仕事をしていると一日中歩きっぱなしで足が棒になってしまうこともありますが、それだけでなく常に足が蒸れた状態となって水虫になってしまう人も少なくありません。
高温多湿の環境を好む水虫は一日中あちこちを駆けまわる営業の仕事をしていれば、いとも簡単に感染をしてしまうものとなっていますから水虫に悩まされている営業マンも多いものです。

そのため、家に帰った後は石鹸で丁寧に洗ってなんとか衛生さを保とうとする人もいることでしょうが、水虫になってしまったのであればただ石鹸で洗っただけでは完治するようなものではありません。
もちろん、石鹸で綺麗に洗うことは大切なことであり水虫を悪化させないために効果があるのは確かですが、これだけで治るような斧ではありませんから正しい治療をする必要があります。

水虫の治療に効果的な薬としてラミシールがあり、これは医療機関で処方されるものと成分が同じものが販売をされているので症状にあったものを使用すると病院に行かずとも治療をすることができます。
市販されているラミシールを使う時に大切なことは、完全に治りきるまで使い続けるということで痒みがなくなったからそこで治療をやめてしまうということをしていると再び症状が悪化してしまうおそれがあるので気をつけなければなりません。
痒みが収まればひとまず生活に支障がありませんから、そこでラミシールを使うのをやめてしまいがちですが完治していないのであれば、少しすればまた水虫が再発をしてしまうことになり元の木阿弥となってしまいます。
水虫は治るまでに時間がかかりますから、治療に疲れてしまうかもしれませんが途中でやめれば何度も同じことの繰り返しとなるので治し切ることが大切です。

トップページへ